記事詳細

蓮舫氏の“パワハラ”が原因!? 野党、閣僚追及も内閣・与党支持率は上昇 専門家「『いじめ』という印象受けた」 (1/2ページ)

 NHKが12日に発表した世論調査で、安倍晋三内閣と自民党の支持率が前回に比べて上昇した。野党は臨時国会で、片山さつき地方創生相の「政治とカネ」の問題や、桜田義孝五輪相の資質問題を厳しく追及しているが、一体どうしたのか。専門家は「政府・与党よりも、野党への失望感が大きいのではないか」と分析している。

 NHKが9日から3日間、全国対象で行った世論調査の結果は別表の通り。内閣支持率は4ポイント、自民党支持率は1・1ポイントも増加している。

 ある野党幹部は「臨時国会が召集されて、野党議員が安倍首相や閣僚を徹底追及すれば、野党の支持率は上がる」と語っていた。確かに、立憲民主党と国民民主党の支持率は上がっているが、0・1ポイントと0・7ポイントとは「誤差の範囲」に近い。

 この結果を、どう分析すべきか。

 政治評論家の伊藤達美氏は、参院予算委員会で5日、桜田氏の五輪に対する基礎知識を試すような質問をした立憲民主党の蓮舫副代表に責任の一端をみる。

 「ニュースやワイドショーで同じ追及シーンが何度も流れたが、蓮舫氏の口調もあって、不慣れな閣僚への『パワハラ』『いじめ』という印象を受けた。国会の場なので、礼を尽くして論戦をすべきだ。品格のない追及の様子が、男女問わず、野党に悪い印象を与えているのではないか」

関連ニュース