記事詳細

日本の親切心があだに? 韓国の執拗な“反日”の背景は… 識者「韓国は『ストーカー』、戦略的放置が正しい」 (1/3ページ)

 自称・元徴用工をめぐる異常判決や、慰安婦問題でもゴールポストを平気で動かすなど、「反日」なら何でも許されてしまう国、韓国。日本からはとうてい理解しがたいその行動原理を読み解くのが、韓国問題に詳しい国際投資アナリストの大原浩氏だ。韓国が執拗(しつよう)に日本を攻撃する背景には、強烈な憎悪や自意識があると指摘、「戦略的放置」が合理的だと明言する。

 最近のいわゆる「徴用工判決」によって、韓国という国の異常性が世界に明らかになった。

 もちろん、「徴用工」などという言い方は、「慰安婦」を「性奴隷」と言いかえるような悪意のある「プロパガンダ」だが、なぜ共産主義中国と比較しても、韓国は執拗に日本を攻撃するのか? 多くの読者が、理解しがたい思いでいるのではないか。

 ここで「ストーカー」という視点からすべてを見直すと、状況がすっきりと理解できる。

 中学生や高校生の男子が、好きで好きでたまらない女の子にわざと意地悪をして泣かせたりするのはよく見られることであるし、ある意味ほほえましい。

 ところが、それがエスカレートして、女の子が心底その男子を嫌がって、泣きながら逃げまわっているのに、「いやよいやよと言っていても、本当は俺のことが好きなんだろう?」と、追いかけまわす。場合によっては、警察のお世話にならなければならない。

関連ニュース