記事詳細

与野党幹部に「言動の乱れ」 日本政治の劣化か (1/2ページ)

 永田町で、与野党議員の言動が乱れている。冗談や比喩、パフォーマンスのつもりだろうが、政治家としてだけでなく、大人としても「いかがなものか」「マナー違反では」と感じるケースも多い。「政治は最高の道徳」という言葉もあり、かつての政界には、自らの一言一句にこだわり、言論で勝負した政治家もいた。日本の政治は劣化しているのではないか。

 「その人は、人の税金を使って学校に行った。東京大学出てるんだろ?」

 麻生太郎副総理兼財務相は17日、市長選の応援で訪れた福岡市での街頭演説で、こう言い放った。「その人」とは、福岡県第2の都市、北九州市の北橋健治市長のことだ。

 人口減少社会にあって、麻生氏は県都・福岡市の人口が増加していることを応援演説で評価し、その流れで「同じ政令市でも、北九州は人口も税収も減らした。その人はもう1回再選しようとしている」と批判して“放言”が飛び出した。

 同県選出の麻生氏は、旧民主党系の北橋氏とはそりが合わず、来年1月の北九州市長選では対抗馬を立てるべく画策している。麻生流のユーモアのつもりかもしれないが、国立大出身者への批判とも受け取られかねず、不適切なものだ。

 立憲民主党の枝野幸男代表は18日、自民党の下村博文憲法改正推進本部長を、「憲法改正で本来、踏むべき手順よりも、安倍(晋三首相)さんに気に入られたいという、ヒラメのような方だ」と批判した。

関連ニュース