記事詳細

護衛艦「いずも」空母化に現実味 新防衛大綱に「艦艇からの航空機運用を検討」明記へ (1/2ページ)

 海上自衛隊最大のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」の空母化が、現実味を帯びてきた。政府が、来月とりまとめる新防衛大綱に「艦艇からの航空機の運用の検討」と明記する方針となったのだ。いずも型護衛艦を空母化改修する多用途運用母艦と、短距離滑走で離陸と垂直着陸ができる最新鋭ステルス戦闘機F35B「ライトニングII」の導入を念頭に置いているとみられる。離島防衛などへの活用を想定しているようだ。

 いずもの空母化構想は以前から、政府・与党内で検討されてきた。防衛省は4月、いずもの航空機運用能力について「高い潜在能力を有する」との調査報告書を公開。自民党も5月、「多用途運用母艦」や「F35B」などの導入を政府に求めていた。

 「洋上の司令部」いずもは、基準排水量1万9500トン、全長248メートルを誇る。ヘリ9機を同時運用でき、艦首から艦尾までつながる飛行甲板を持つ。昨年3月に就役した「かが」も、いずもと同型の護衛艦だ。

 いずもでの運用が想定されるF35Bは、航空自衛隊が三沢基地に配備したA型の派生型の戦闘機だ。空母よりも甲板が狭い上陸作戦用の強襲揚陸艦に搭載するため、短距離で離陸でき、垂直着陸も可能となっている。さらに、レーダーに捕捉されにくい高度なステルス性を備えている。

 いずもとF35Bは、習近平国家主席率いる中国が覇権を強める南西諸島防衛のほか、大規模災害時の拠点機能の役割を担うことが期待されている。

関連ニュース