記事詳細

文大統領の面目丸つぶれ!? 米韓首脳会談…米は「略式」と主張も、韓国は「正式」と反論 (1/2ページ)

 ドナルド・トランプ米大統領と、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が行った首脳会談をめぐり、韓国が狼狽(ろうばい)している。ホワイトハウスが「略式」と主張したのに対し、青瓦台(韓国大統領府)は「正式」と反論しているようなのだ。同会談は開催前から「正式会談」が「立ち話」に変更され、その後、「着席会談」に落ち着いた経緯がある。米韓関係の冷却化を象徴しているようだ。

 《韓米首脳の30分会談、米は「略式」と発表も青瓦台は「正式」主張》

 アルゼンチンでのG20(主要20カ国・地域)首脳会議に合わせ、11月30日に行われた米韓首脳会談について、韓国紙、朝鮮日報(日本語版)は2日、こう伝えた。

 同紙によると、ホワイトハウスは首脳会談後、報道資料で会談を「プル・アサイド(pull aside)会談」と表現したという。外交の世界で「プル・アサイド」とは、正式な会談会場の外や片隅で行う非公式の略式会談を意味する。

 米韓首脳会談は当初からゴタゴタしていた。

 サラ・サンダース米大統領報道官は会談前日(11月29日)、「正式会談」が「立ち話」になると発表した。韓国紙、中央日報(日本語版、同30日)によると、青瓦台がその後、慌ただしく対応し、「(首脳会談が)格下げされたのではない」などと強調したという。

関連ニュース