記事詳細

米海兵隊2機が墜落、高知県の室戸岬南上空で接触 7人搭乗、2人救助

 6日午前1時40分ごろ、米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)所属のFA-18戦闘攻撃機と、空中給油機KC130が高知県の室戸岬から南約100キロの上空で接触、海上に墜落した。2機には計7人が搭乗しており、うち2人を自衛隊が救助した。空自と海自、第5管区海上保安本部(神戸)などが捜索を続けた。最初に救助された1人はFA-18の乗員で容体は安定しており、もう1人の容体は確認中だという。FA-18には2人、KC130には5人が搭乗していた。

 米海兵隊は「事故状況については現在調査中だ」と説明し、事故は定期訓練中に起きたとしている。

 FA-18は、戦闘機と攻撃機を1機でこなせる機として開発された。スズメバチを意味する「ホーネット」が愛称。