記事詳細

平成を代表する言葉、「ゲッツ」「僕は死にましぇん」「どげんかせんといかん」など上位 1位は……? (1/2ページ)

 ミクシィは12月17日、「平成を代表する言葉」に関する調査結果を発表した。男女1100人に過去30年間で印象に残っている言葉を聞き、「政治・経済」「スポーツ」「テレビドラマ」「お笑い」のジャンル別に集計したもので、最近の流行語から懐かしいネタ・せりふまで多岐にわたる言葉がランクインした。

 ◆政治・経済は「お・も・て・な・し」がトップ

 政治・経済の分野では、2020年の東京オリンピック・パラリンピック招致に向け、IOC総会の最終プレゼンテーションで滝川クリステルさんが発した「お・も・て・な・し」が1位。2位は、17年の森友学園・加計学園問題で注目された「忖度(そんたく)」だった。3位は米国のバラク・オバマ前大統領が好んで使ったフレーズ「Yes We Can!」が入った。

 4~10位は「ちーがーうーだーろー!」(豊田真由子氏)、「2位じゃダメなんですか」(蓮舫氏)、「どげんかせんといかん」(東国原英夫氏)、「想定の範囲内」(堀江貴文氏)、「○○ファースト」(ドナルド・トランプ氏)、「みぞうゆう」(麻生太郎氏)、「あなたとは違うんです」(福田康夫氏)--という結果だった。

 ◆スポーツは「そだねー!」が安定の人気

 スポーツの分野では、18年の「流行語大賞」にも輝いた、平昌五輪カーリング女子日本代表チームの「そだねー」が首位。2位は元水泳選手・北島康介さんが金メダル獲得時に発した「超気持ちいい!」、3位はサッカー日本代表・大迫勇也選手の活躍ぶりを評した「(大迫)半端ないって」だった。

 4位以下は「なんも言えねぇ」(北島康介さん)、「神ってる~」(緒方孝市さん)、「自分で自分をほめたい」(有森裕子さん)、「メークドラマ」(長嶋茂雄さん)、「今まで生きてきた中で一番幸せ」(岩崎恭子さん)、「最高で金 最低でも金」(田村亮子さん)、「シンジラレナーイ」(トレイ・ヒルマンさん)--と続いた。

ITmedia ビジネスオンライン

関連ニュース