記事詳細

自民の名門「竹下派」どうなる? 竹下亘氏がん公表 集団指導体制から「跡目」争いも (1/2ページ)

 自民党の名門派閥、竹下派(平成研究会、55人)を率いる竹下亘(わたる)前総務会長(72)の健康問題が表面化した。9日、都内で記者会見し、食道がんであることを明かしたのだ。今後は入院し、治療に専念する方針だというが、果たして、党内第三派閥はどうなるのか?

 「昨年末、のどに異変があり、精密検査を受けた結果、がんだと判明した。医者は『早ければ、数カ月で仕事に復帰できる』と言っている」

 竹下氏は会見でこう語った。手術に踏み切るかどうかや、がんの進行度を示すステージについては「話すべきではない」と口をつぐんだ。

 竹下派(旧経世会)は1987年、竹下氏の兄、竹下登元首相が、田中角栄元首相が率いた旧田中派から分裂して立ち上げた。94年に平成研究会となり、小渕派→橋本派→津島派→額賀派と受け継がれた。

 昨年4月、竹下氏は派閥会長になった。だが、昨年秋の自民党総裁選では、石破茂元幹事長「支持」では一本化できず、事実上の自主投票に追い込まれ、求心力に陰りが出ていた。

 今後も、竹下氏は派閥の会長ポストにはとどまり、議員辞職もしない意向だという。実際の派閥運営は当面、茂木敏充経済再生担当相と、参院の実力者の吉田博美参院幹事長の2人の会長代行、最高顧問の額賀福志郎元財務相を中心とした集団指導体制になる。

関連ニュース