記事詳細

【親も知らない今どき入試】中学受験で子どもを伸ばす親の共通点ランク 塾への信頼、子供とのコミュニケーションが重要 (1/2ページ)

 今日から埼玉で中学入試が始まった。いよいよ中学受験も本番だ。中学入試を目指し、子どもの学力を伸ばすには、親はどうすればいいのか。そこで、今週は首都圏284学習塾の塾長、教室長へのアンケートによる、「中学受験で子どもを伸ばす親の共通点ランク」を紹介したい。

 トップは3年連続「塾(教師)を信頼し、聞く耳を持っている」で、48・1%だった。塾講師は「親がいくら中学受験させたくても、子どもが中学受験をしたくないため、塾に通わなくなったりすることがあります。塾がひどいというケースもありますが、そんな時こそ塾に相談するといいでしょう。子どもにも中学受験することを納得させないと、転塾を繰り返すだけになってしまいます」という。親が選んだ塾を信頼することが大切だ。

 2位は「子どもとのコミュニケーションがよくとれている」で、47・7%、以下、「子どものことをよく見て、適性や能力を把握している」「しつけ・生活習慣・食事の管理をしっかりしている」「自分の子どもを客観視できる」の順だった。

関連ニュース