記事詳細

【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】暴走韓国をツケ上がらせた責任は日本にも (1/2ページ)

 韓国海軍の駆逐艦が、海上自衛隊P1哨戒機に火器管制用レーダーを照射した一件は、韓国が事実関係を否定し、「日本が謝罪せよ!」と理解不能な反発をしている。今さら事実を認めて日本に謝罪するくらいなら、「韓国は嘘つきで国際法を守らない」と世界中にバレた方がマシだと、文在寅(ムン・ジェイン)大統領や韓国海軍は考えているのではないか。

 私には、やはり文政権は「北朝鮮主導の南北統一」と「中華陣営入り」を果たすために、自由主義社会で孤立することを望んでいるとしか思えない。

 現在の日韓関係は、少なくとも1965年の日韓基本条約締結以降、「最悪の状態」といえる。ここまでこじれた原因は主として韓国にある。だが、戦後日本の不適切な「謝罪外交」にも大いに責任があると思う。

 超党派の日韓議員連盟は相変わらず日本政府に「大人の対応」を求めているようだ。過去の失敗から学べない愚か者の集団なのか。

 韓国が、日本のメンツを全力で潰しに来ているのに、「武士の情け」をかけようとしたり、「煽るな」と主張する日本人は、「外交オンチ」か「韓国の協力者」のいずれかだ。

 野党第一党たる立憲民主党の枝野幸男代表らが、この一件について、明確な発信をしないことがネット上で話題である。立憲民主党とその支持者には「打倒・安倍晋三政権」しか眼中になく、安全保障や日本の名誉の問題を是々非々で考えられないのだろうか。

関連ニュース