記事詳細

【勝負師たちの系譜】降級3人、最も過酷な王将リーグ (1/2ページ)

★王将戦(2) 

 升田幸三王将(当時)-大山康晴名人(同)の香落ち戦以降で記憶に残る王将戦は、大山王将(同)に山田道美八段(同)が挑戦した、1965年度の七番勝負だ。

 山田は露骨に「打倒大山」を打ち出していたから、大山も感情的になり、この時の対戦は殺気立っていた。

 第4局を終えた時点で、山田の3勝1敗。この時色紙を依頼された山田は、名前に王将と書くから「しばらく待ってほしい」と断った。結果は後3局を大山が勝って、逆転防衛。

 この時の反省を踏まえて謙虚になった山田は、67年に大山から棋聖を奪取し、念願を果たすのだった。 

 現在、挑戦者を決める王将リーグは、棋戦の中で最も過酷なリーグだ。

 名人戦の挑戦者を決めるA級リーグが、10人の総当たりで優勝者が挑戦者、下位2人は降級なのに対し、王将リーグはわずか7人のリーグで、しかも降級は3人だ。

 今期の王将リーグは、最終局の時点で、5人が挑戦者となる可能性があった。結局、最終局を勝った渡辺明棋王と、糸谷哲郎八段でプレーオフとなり、渡辺が勝って挑戦権を得たのである。

 一足先に終わった広瀬章人八段(当時)は、同星ながら順位の差でプレーオフに出られなかった。

関連ニュース