記事詳細

【突破する日本】「徴用工」問題 北朝鮮製の“作り話”を信じた韓国側の捏造を論破せよ (1/2ページ)

★(5)

 韓国は、日本統治時代の「不法」性の象徴として、いわゆる「徴用工」を捏造(ねつぞう)している。あばら骨が見えるやせ細った銅像は目に訴える。今後、世界各地に設置するつもりだろう。

 「徴用工」の悲惨さを訴える仕掛けは、彼らが強制動員されたとする作り話だ。実は、その原作者は北朝鮮なのだ。1964年3月20日、平壌(ピョンヤン)から「朝鮮民主法律家協会の声明」と題する文書が発せられた。

 そこには、《日本帝国主義が、朝鮮に対する植民地支配の時期に朝鮮人民に行った、いまひとつの大きな罪悪は、彼らが朝鮮人を大量に日本に強制連行して残忍に抑圧、搾取し、虐殺した事実である》《日本帝国主義は当時朝鮮人を連行するにあたり、夜中に農家を襲撃し、白昼にトラックを横付けして畑で働いている朝鮮の青壮年たちを手当たりしだいに拉致していくなど、文字通りの『朝鮮人狩り』を行った》などと書かれている。

 「強制連行」神話を広めた朴慶植(パク・キョンシク=朝鮮大学校講師)の著書『朝鮮人強制連行の記録』(未来社、1965年)の種本とみられている。

 今日、韓国の主要メディアが「強制連行の悲劇のシンボル」として、『慟哭の詩』と呼ぶ、福岡の筑豊炭田に残された壁文字がある。「お母さんに会いたい、腹が減ったよ、故郷に帰りたい」とするハングルだが、65年に朝鮮総連傘下の「在日本朝鮮文学芸術家同盟」が作成した映画で、スタッフが演出のために書き込んだものであることが明らかになっている(『西日本新聞』2001年1月3日付)。

 これらは、北朝鮮が日韓基本条約の締結に反対するためにでっち上げた、北朝鮮製の作り話だった。が、今や韓国の国民が本気で信じ込んで、裁判を通じて日韓基本条約を反故(ほご)にしようとしている。さらには、北朝鮮と共闘して日本を糾弾している。

関連ニュース