記事詳細

「世界で戦える棋士に」 仲邑菫さん、訪韓し将来への熱意

 4月に史上最年少の10歳で囲碁のプロになる仲邑菫(なかむら・すみれ)さん(9)が22日、ソウルで記者会見し「勝つことがうれしい」「世界で戦える棋士(になりたい)」などと囲碁にかける情熱を語った。仲邑さんは7歳から韓国で修業を積んでおり、プロデビュー前に指導してくれた棋士らにあいさつするため訪韓している。

 仲邑さんは緊張して、はにかんだりほほえんだりし、韓国で修業して強くなったかとの質問には笑顔でうなずいた。大半の質問は両親が答えたが、23日に記念対局する女流世界トップの崔精九段(22)に質問が及ぶと、「憧れの棋士」と自ら即答した。