記事詳細

韓国が「威嚇飛行」の画像公開 岩屋防衛相は韓国側の主張を否定

 韓国国防省は24日、韓国軍艦艇に海上自衛隊の哨戒機が低高度で接近する「威嚇飛行」をしたと主張している問題で、飛行する哨戒機を23日に撮影した画像などを公開した。韓国側主張に沿うレーダーが測定した哨戒機の高度や距離が記された画像も含まれる。国防省関係者は「機械はうそをつかない」と述べ、韓国の主張を裏付けると強調した。

 国防省は当初、動画の公開を検討していたとされるが、同省関係者は「レーダー情報は確実なものだ」として画像だけで十分との認識を示した。

 画像を見た岩屋毅防衛相は24日、防衛省で記者団に、威嚇飛行をしたとの韓国国防省の主張を重ねて否定。韓国側は自らの正当性を国内外の世論に広く訴える狙いとみられるが、対立がさらに深刻化する恐れがある。(共同)