記事詳細

オウム真理教事件を描いたノンフィクション「A3」、作者がnoteで無料公開

 オウム真理教事件を描いたノンフィクション小説「A3」(集英社インターナショナル刊)を、作者の森達也さんがnoteで無料公開した。書籍版は「現在も版を重ねている」(森さんのnoteより)状態で、異例の無料公開だが「一人でも多くの人に読んでほしい」との思いから、森さん自身が版元に相談して無料公開を実現したという。

 A3は、オウム真理教事件を探り、日本社会の深層に迫るノンフィクション作品。森さんが監督として撮影した、オウム真理教の内部に迫った映画「A」「A2」に続く作品として、「月刊PLAYBOY」の連載を書籍化したもので、2010年に発行され、11年に講談社ノンフィクション賞を受賞。12年に集英社から単行本化された。

 刊行から10年近く経つが、森さんは「特にオウムについては、昨年の13人死刑執行も含めて、世に問いたいこと、言いたいこと、伝えたいことが、ずっと自身の内側で飽和している」状態で、その思いを伝えるうえで「A3」は最も重要な作品であるため、「一人でも多くの人に読んでほしい。もっと多くの人に知ってほしい。もっともっと気づいてほしい」という思いを抱えてきたという。

 このため、書籍を担当した集英社インターナショナルと集英社にA3の無料公開について相談。「現在も版を重ねているのに無料公開など前例がないし、版元としても了解できるはずがない。そう答えられることは半ば覚悟していたが、二人は快諾してくれた」という。イラストレーターや文庫本の解説の筆者にも了解を取り、無料公開が実現した。

 noteでは、プロローグからエピローグ、解説まで全編を公開しており、誰でも無料で読める。

ITmedia News

関連ニュース