記事詳細

【永田町・霞が関インサイド】米朝首脳会談「朝鮮戦争終結で合意」あるか!? ベトナム開催有力も…板門店での可能性浮上 (2/2ページ)

 具体的に言えば、2回目の首脳会談に向けて進められている「米朝共同宣言」の文言調整次第ということだ。その文言に「朝鮮戦争終結で合意」が盛り込まれるのかどうかである。

 先にワシントンを訪れてトランプ氏に、正恩氏の親書を手渡した金英哲(キム・ヨンチョル)副委員長(統一戦線部長)は帰国後の1月23日、正恩氏に訪米報告を行った。

 朝鮮中央通信が同月25日に配信した写真には、満面の笑みを浮かべる正恩氏が写っていた。

 それだけではない。英哲氏が持ち帰ったトランプ氏の返書について、同通信は「非常な決断であり、(正恩氏が)高く評価した」と伝えている。ハングルで「非常な」という言葉には、「途方もない」「予測できない」というニュアンスが含まれている。

 つまり、正恩氏は、トランプ氏との会談で「戦争終結」宣言まで持ち込める自信を深めたのではないか。

 そこで浮上するのが、米朝首脳会談の板門店開催説だ。同地で戦争終結を高らかにうたうことができれば、まさに国際的な大ニュースとなる。

 そして、正恩氏は米朝首脳会談後、その足で陸路ソウルに乗り込み、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との南北首脳会談に臨む-。(ジャーナリスト・歳川隆雄)

関連ニュース