記事詳細

【山口那津男 本音でズバッと】その場しのぎで終わらせてはならない「児童虐待対策」 関係機関の連絡不足痛感 (1/2ページ)

 千葉県野田市で先月、小学校4年生の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で亡くなり、両親が傷害容疑で逮捕された事件は、あまりにも悲惨だ。心愛さんのご冥福を心からお祈りいたします。

 柏児童相談所をはじめ、野田市の学校や教育委員会、地元の警察などに適切な連携と総合的な判断があれば、心愛さんの命を救う手立てはあったように思われる。

 安倍晋三首相は8日に開いた関係閣僚会議で、全国の児童相談所などが把握している「虐待が疑われるすべてのケース」について、1カ月以内に緊急の安全確認を行うように指示した。その後、直ちに、大口善徳厚労副大臣と、浮島智子文科副大臣を野田市に派遣し、関係者から詳細な聞き取りを行った。

 2000年に児童虐待防止法が制定された当時と比べ、児童相談所に寄せられる相談件数は約10倍と増える一方である。それに比べて、相談に乗って対応に当たる職員の数は不足している。

 人員を増やせば済むわけでもない。虐待は親にも子供にも課題があるため、うまく対応するには専門知識を持った児童福祉司などの有資格者を増やし、経験を積むことが必要となる。

 政府は、来年度から3カ年で2020人の児童福祉司増員を計画していたが、今回の事件を受けて来年度中に1070人の前倒し実施を決めた。人員の量と質を確保し、経験による対応力を高めることが重要だ。

 事件で痛感するのは、関係機関の連絡不足である。情報を共有し、誰がどう動けば効果的か、連係プレーができるようにしなければならない。

 これまでも痛ましい事件が起きるたびに、取り組みの強化が叫ばれてきた。07年の法改正のとき、現場で聞いた児童相談所の責任者の「子供の保護だけでなく、親のケアを含めて本気でやらないと根絶できません」という言葉を思い出す。その場しのぎの取り組みに終わらせてはならないことを肝に銘じたい。

関連ニュース