記事詳細

“国会の爆弾男”が仰天パフォーマンス! 維新・足立氏、立民議席を指さし「誰が嘘つきかと言えば…あの面々です!」

 「国会の爆弾男」こと、日本維新の会の足立康史衆院議員が15日、衆院本会議場を騒然とさせた。枝野幸男代表率いる立憲民主党あたりの議席を指差して、「(嘘つきの)面々」と言い放ったのだ。具体的党名は発言しなかった。これまでも、激しいバトルを展開してきたが両陣営だが、新たな闘争に入るのか。

 足立氏の仰天パフォーマンスは、本格審議入りした地方税法の一部改正案などの質疑で飛び出した。

 まず、厚生労働省の統計不正問題をめぐり、足立氏は「他の野党のように、わが維新は閣僚の罷免を求めたり、『アベノミクス偽装』などとレッテル貼りもしない。ありもしない疑惑を安倍晋三首相になすりつけ、『首相が嘘つきだ』とか印象操作もしない」といい、他の野党との違いを際立たせた。

 そのうえで、次のようにまくしたてた。

 「むしろ、今の国会で誰が嘘つきかと言えば、『悪夢の民主党政権』の重荷を背負いながら政権運営に力を尽くしている政府・与党ではない。共産党と連携しながら『まっとうな政治』とうそぶく、あの面々です!」

 壇上から指を差したその先は、立憲民主党の議員が座るあたりだった。当然、本会議場には「ふざけるな!」「止めろ!」「うせろ!」などと、すさまじいヤジが飛び交った。

関連ニュース