記事詳細

【親も知らない今どき入試】東大・京大特別入試、高校別合格者ランク 上位校は中高一貫が多数 (1/2ページ)

 今週は2月13日に合格発表があった東大推薦入試と京大特色入試の高校別合格者数合計ランクを紹介したい。2月22日現在判明分で、判明率は91・8%。

 推薦やAO入試というと、多くの私立大の試験のように、出願するとほとんどの人が合格できるイメージがある。ところが、東大や京大は厳しい試験だ。4年目を迎えた東大の推薦入試の志願者は昨年より6人増えて185人だった。募集人員は100人程度だが、合格者は昨年より3人減って66人で競争率は2・8倍だ。

 東大の推薦入試委員会委員長の武田洋幸教授は「多様性のある、卓越性を備えた、潜在能力を持っているバラエティーに富んだ学生を取ることができました。経済学部のように出願者が少ない学部もあり、今後、高校や受験生に求める人材像を伝えていくことが大切で、募集枠の検討なども考えていきたい」という。

 これだけ志願者が少ないのは、出願の条件が高いからだ。数学オリンピックなど科学オリンピックの受賞歴、高校での論文発表と評価、英語力、留学経験などが求められる。その上、センター試験の成績も8割程度が必要だ。こうなると、出願者は限られてしまう。さらに、各校男女1人ずつしか出願できないことも影響している。一般入試で多くの合格者を送り出している高校の進路指導教諭は「学内で推薦を希望する生徒が複数いると、どの生徒を推薦するかを決められないのが実情で、京大はそういった縛りがないので、志望する生徒がいると勧めやすい」という。

関連ニュース