記事詳細

【親も知らない今どき入試】2019年入試で人気の学部系統ランク 就職改善で“文高理低”続く (1/2ページ)

 今週は、2019年入試で人気になった学部系統ランクを紹介したい。現段階で大手私立110大学の志願者が1万人を超えている系統で、昨年を100とした指数でランクした。

 学部人気は、世相を反映している。高校の進路指導教諭は「生徒だけでなく、保護者も就職を考えながら、大学・学部を選ぶ傾向が強くなっています。不況の時には看護やリハビリテーションなど、国家資格と結びついた学部の人気が高くなります」という。文系学部卒業生の就職が改善され、15年から文系人気が高く理系人気が低い“文高理低”に変わり、今も続いている。

 今年のトップは国際系で128。昨年も人気だったが、さらに伸びた。塾の講師は「高校生はグローバル化時代到来を、自分なりにしっかり受け止めています。今後、ますます外国人と交流していかないといけないと感じており、英語を身につけたいと考えています」という。

 2位に入ったのが情報・メディア系。メディア学部というのは、聞き慣れないかもしれない。今はカタカナ学部があふれている。平成元年の89年には、学部は85種類しかなかったが、今は500以上に増えている。中でもカタカナが入る学部が増えた。91年に芝浦工業大がシステム工学部(現・システム理工学部)を新設したのが始まりだ。今では国公私150校以上にカタカナを含んだ学部が設置されている。この系統が人気なのは、やはり、これからAIやビッグデータが活用される世の中の動きと無縁ではない。

関連ニュース