記事詳細

【小池百合子 強く、そしてしなやかに】ハードとソフトの両面で子育て支援 「乳児用液体ミルク」ついに国内製造、販売へ (1/2ページ)

 今月、ついに乳児用液体ミルクが国内で製造、販売されるようになった。

 「ミルクは粉に決まっているじゃないか」との声を聞くが、世界の国々では、そのまま授乳できる「液体」のミルクが一般的だ。

 メジャーリーガーの田中将大選手の妻、里田まいさんは米国での子育てで液体ミルクを知り、「その便利さにびっくり」とブログにつづっている。

 わが国には、ありとあらゆるモノがそろっているはずだが、乳児用の液体ミルクはなかったのだ。

 8年前の東日本大震災で、ご縁があり、フィンランド在住の日本人ママさんたちによる液体ミルク支援に関わった。

 電気、ガス、水に不自由な被災地の乳児を支援しようとの活動だった。

 私は緊急支援物資として役立ててもらえるようお手伝いをし、無事、被災地に届けることができた。

 以来、国内で液体ミルクが製造・販売できないものかと、仲間の皆さんと活動した。

 都知事として東京都の防災用品として備蓄し、熊本や北海道の被災地にもお分けするなど、久しく関わってきただけに、新たな動きに感謝!

 災害時だけでなく、お出かけや夜中の授乳など、選択肢が増えることで、子育てへの応援になると期待したい。

関連ニュース