記事詳細

「人工透析中止」死亡女性、相談当日に署名も…中止撤回発言?

 東京都福生市の「公立福生病院」で昨年8月、腎臓病患者の女性=当時(44)=が人工透析治療中止を選び約1週間後に死亡した問題で、女性は診療方針を相談するため同病院を訪れた当日、治療中止に同意する書類に署名していたことが明らかになった。女性は死亡前に一時、中止の撤回ととれる発言もしたという。

 関係者によると、女性が昨年8月9日、それまで透析を受けていた医療機関の紹介で同病院を訪れた際、同病院の外科医は、(1)首から透析を受ける新たな方法(2)透析中止-の二択を示した上で、中止が死に至ると説明。

 女性はその日のうちに、治療中止に同意する文書に署名したが、この文書には透析中止が「命に関わる」という趣旨の文言が記載されていたという。