記事詳細

午前2時46分にサイレン…原因は“誤設定” 山梨・富士河口湖町

 山梨県富士河口湖町で11日、本来は午後2時46分に鳴るはずだった東日本大震災の黙とうのサイレンが未明の午前2時46分に鳴った。町職員が午前と午後を間違えて設定したのが原因という。

 町によると、午前2時43分から黙とうを呼び掛ける放送が流れ、同46分から約1分間サイレンが鳴った。町には約2万6000人が住んでおり、問い合わせや苦情が多数あった。

 職員が8日ごろに設定した後、ほかの職員がチェックしていなかった。町は「今後は複数の職員で確認し、再発防止に努める」としている。