記事詳細

【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】「国歌斉唱」アナウンサーは完全無視、視聴者も気づかず…「日本は非常識すぎる!」 (1/2ページ)

 洋の東西を問わず、「非常識」は最大級の侮辱語だろう。だが先日、私は思わず「日本は非常識すぎる!」と叫んでしまった。3日に開催された「東京マラソン2019」のテレビ中継の話である。

 昨年の大会で16年ぶりの日本新記録が出たので、今年も記録更新が期待されていた。また、東京五輪・パラリンピックを来年に控え、代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権もかかるなど、今年は注目度が特に高かった。某局はスタート1時間以上前の、午前8時からテレビ中継を開始した。

 私が所属する六本木男声合唱団ZIGZAG(六男)は、東京マラソン初開催の2007年から13年連続、スタート前の「国歌斉唱」を100人規模で行っている。

 公式スケジュールには午前8時58分から「国歌斉唱」とある。以前は午前9時から放送開始だったので、「国歌斉唱」は物理的に中継できなかった。だが、今年は当然、六男の国歌斉唱が中継されると考えていた。

 ところが、今年も国歌斉唱のシーンは一切放送されず、アナウンサーは「君が代」をBGMに、出場選手やコースについてしゃべり続けたそうだ。帰宅後、電話でその話を聞いた私は、心底驚き、あきれ果て、冒頭の通り、「日本は非常識すぎる!」と電話口で叫んだわけだ。

 読者の中には、「それが日本の常識だ」「ケントは郷に入れば郷に従え」と考える人もいるだろう。

関連ニュース