記事詳細

大阪市長選 柳本氏vs松井氏の一騎打ちに

 第19回統一地方選の6政令市長選が24日、告示された(4月7日投開票)。札幌、相模原、静岡、浜松、大阪、広島各市が対象で、現職5人、新人12人の計17人が立候補した。全国の注目を集める大阪では、21日に告示された府知事選と合わせた「ダブル選」に突入した。

 大阪市長選は「大阪都構想」の是非を争点に、無所属新人の元大阪市議、柳本顕(あきら)氏(45)と、大阪維新の会新人の前府知事、松井一郎氏(55)の一騎打ちとなった。

 自民党と公明党大阪府本部などの推薦を受ける柳本氏は自公連携を基軸として、「都構想を終わらせる」と意気込む。

 松井氏は、二重行政を解消して「強い大阪」を復活させる「大阪都構想」を掲げて「スリムで筋肉質の行政・議会をつくる」と訴えている。