記事詳細

【共産党研究】大阪ダブル選 「政策」放り投げ自民党支援…まさに無責任の極み (1/2ページ)

★(2)

 産経新聞社とFNNの合同世論調査(16、17日実施)で、大阪府の松井一郎知事(日本維新の会代表)と、大阪市の吉村洋文市長(大阪維新の会政調会長)が、市長選と知事選に入れ替わって出馬する「ダブル選挙」に対し、近畿ブロックに限っても、「支持しない」が48・8%に上り、「支持する」の38・3%を約10%上回っている。「大阪都構想」については、支持と不支持が拮抗(きっこう)している。

 このダブル選挙で奇怪なことが起こっている。それは日本共産党が、天敵とも言うべき自民党の推薦する候補を自主支援するというのだ。

 志位和夫委員長は、「ダブル選挙」を党利党略選挙だと批判し、「『都構想』阻止、『カジノストップ』という大義を掲げ、『維新政治』に終止符を打つ」と表明してきた。それが自民党候補支援とどうつながるのか。

 日本共産党大阪府委員会が18日に発表した「見解」によれば、知事選挙に出馬する小西禎一元副知事が大阪都構想に反対し、「維新政治」に疑問と批判を持っているという。だが、カジノ問題では「大阪にカジノはいらない」との立場にはいたっていないというのだ。大義の1つであるカジノ問題では、立場が違うのだ。

 この大義まで捨てて自民党候補を支援するということこそ、党利党略そのものではないのか。

関連ニュース