記事詳細

部屋に食べかけのカレー…帰宅直後に襲われた? 杉並保育士刺殺

 東京都杉並区のアパートで26日正午すぎ、住人の保育士、照井津久美さん(32)が刺殺された事件。室内には帰宅途中に購入したカレーが食べかけで残っていたといい、ベランダから侵入した男にいきなり襲われた可能性がある。

 照井さんは2階の一室のベランダ近くで、コートを着た状態で血を流して倒れていた。背中の左肩近くに刺し傷が1カ所確認されたほか、右手には何者かに襲われた際に負傷したとみられる皮下出血があった。

 室内ではラックが倒されるなど争った形跡があり、近隣住民は言い争う声や、どしんどしんという大きな音が部屋から聞こえたと話していた。

 アパートから立ち去った男は30~35歳ぐらいで、身長約160~165センチ。黒っぽいコートを着ていた。ベランダ側の窓は鍵の付近が壊されており、ベランダから侵入した可能性がある。

 NHKは、照井さんが事件直前、勤務先からの帰宅途中にカレーを購入し自宅に持ち帰ったと報じた。室内にはカレーを途中まで食べたあとも残っていたという。

関連ニュース