記事詳細

【共産党研究】共産党が高く評価していた「ベネズエラ社会主義政権」 結果は…国民生活の“破綻” (2/2ページ)

 気の毒なのは志位和夫委員長である。不破氏の大胆な評価の後始末に追われている。先月21日、「弾圧やめ人権と民主主義の回復を-ベネズエラ危機について」と題する声明を発表し、弁明せざるを得なくなったのだ。翌22日の赤旗1面にも掲載された声明は、冒頭で次のように述べている。

 「日本共産党は、南米ベネズエラのチャベス政権が発足当初、選挙をつうじて国民多数の支持を得ながら進めてきた変革のプロセスに肯定的に注目してきた」

 「肯定的に注目」などというレベルではない。“不破氏が天まで持ち上げてきた”と言うべきだろう。

 続いて、「しかし、同政権および後継のマドゥロ政権の失政と変質のもとで状況が変化し、市民の政治的自由と生存権に関わる人権問題が深刻化している」などと指摘し、とってつけたように「弾圧や抑圧をやめよ」と言っている。

 大事なことは、こんな弁明ではない。共産党や不破氏が、なぜ評価を誤ったのか。理由は明瞭だ。破綻が明確になった社会主義に、いまだにしがみついているからだ。この反省なしでは、また見誤るだろう。

 ■筆坂秀世(ふでさか・ひでよ) 1948年、兵庫県生まれ。高校卒業後、三和銀行に入行。18歳で日本共産党に入党。25歳で銀行を退職し、専従活動家となる。議員秘書を経て、1995年に参院議員に初当選。共産党のナンバー4の政策委員長を務める。2003年に議員辞職し、05年に離党。評論・言論活動に入る。著書に『日本共産党と中韓』(ワニブックスPLUS新書)、『野党という病い』(イースト新書)など。

関連ニュース