記事詳細

【長谷川幸洋「ニュースの核心」】トランプ氏のロシア疑惑「シロ」は日本に吉報、中国・北朝鮮には凶報… (1/2ページ)

 ドナルド・トランプ米大統領をめぐるロシア疑惑は「シロ判定」だった。これは日本にとって吉報だ。逆に、トランプ氏の失脚を期待していた北朝鮮と中国にとっては間違いなく凶報である。

 ウィリアム・バー司法長官は24日、2016年の大統領選挙で「トランプ陣営がロシアと共謀した事実は立証できなかった」という、ロバート・モラー特別検察官の調査結果を議会に報告した。

 大統領による司法妨害についても、特別検察官は判断を避けたが、司法長官は「大統領が罪を犯した証拠は十分でない」と結論づけた。

 トランプ政権は一貫して「疑惑は根拠のないフェイク(偽)報道」と反発してきたが、特別検察官による徹底捜査によっても犯罪を立証できなかったとなると、主流派マスコミや野党、民主党の分が悪い。

 安倍晋三首相が関与した証拠がないのに、野党が大騒ぎした日本の「モリカケ騒動」とそっくりだ。

 日本では、安倍政権を批判する勢力が、そのままトランプ政権を批判している。彼らはまず、トランプ政権の北朝鮮や中国との対決姿勢が気に入らない。「対話で問題解決を」などと寝言を言う。

 国境に壁を作るのも気に入らない。「弱者を締め出すな」ときれいごとを言う。だから、心の底ではトランプ氏の失脚を期待していたはずだ。ついでに、トランプ氏と緊密な関係を築いた安倍外交も批判できれば、もっと好都合だったのだろう。

関連ニュース