記事詳細

新元号『令和』決定 安倍首相が談話発表「梅の花のように明日への希望を」

 「平成」に代わる新元号が「令和(れいわ)」に決まったことを受け、安倍晋三首相は1日正午過ぎから官邸で記者会見を開き、新元号に込められた意義などを説明する談話(抜粋)を発表した。

 元号を改める政令を閣議決定した。万葉集にある《時初春令月、氣淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香》との文言から引用した。

 「令和」には、「人々が心を寄せ合うなかで、文化が生まれ育つ」との意味が込められている。万葉集は1200年余り前に編纂(へんさん)された日本最古の歌集で、天皇や皇族だけでなく、防人や農民まで詠んだ歌が収められ、わが国の豊かな国民文化を象徴する、国書だ。

 四季折々の自然など、日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく。厳しい寒さの後に、春の訪れ、梅の花のように、日本人が明日への希望とともに、それぞれの花を咲かせることができる。そうした日本でありたいと、「令和」に決まった。

 平和な日々に、心からの感謝の念を抱きながら、希望に満ちあふれた新しい時代を切り開いていく。新元号の決定で、思いを新たにした。

 5月1日に皇太子さまが新しい天皇にご即位され、新しい元号が用いられる。国民の理解と協力を賜りたい。

 政府としても、200年ぶりの歴史的な皇位継承がつつがなく行われ、国民がことほぐことができるよう、万全を期したい。

 元号は、皇室の長い伝統と、幸福への深い願いとともに、1400年近くにわたる歴史を紡いできた。日本国民の精神的な一体感を支える。広く国民に受け入れられ、深く根ざしていくことを心から願っています。

関連ニュース