記事詳細

【突破する日本】元号は日本が「世界に誇るべき文化」 現在は日本でのみ使用 朝日は社説で“ケチ”か (1/2ページ)

★(1)

 4月1日午前、新元号が「令和(れいわ)」に決まった。今月30日の天皇陛下のご譲位、翌5月1日の皇太子さまの新天皇ご即位に伴うものだ。

 元号法では、「皇位の継承があった場合に限り改める」と規定されている。前の天皇がご存命中の改元は異例だが、それだけに国民は明るいムードで新元号の決定を心待ちにしていた。

 新元号は「大化」(645年)以来、248番目となる。中国で発祥した元号は、朝鮮、ベトナムにも存在したが、いずれも廃止されている。今は日本でのみ使用されており、「世界に誇るべき文化」と言っていい。

 元号が変わることを「改元」というが、君主の交代によって時間が更新され、もう一度「元(もと)」に復すること(復元)を意味する。

 新天皇のご即位によって新元号の「元年」となり、そこを起点に「新しい時代」が始まる。今、私たちは、建国以来、天皇をいただく政治システムを確立してきた、わが国の国柄を、身をもって感じ知る貴重な体験をしている。

 「元号を廃止して、西暦にしてはどうか」との意見もある。

 朝日新聞は3月21日朝刊に、「『改元』を考える 時はだれのものなのか」という社説を掲載した。

 スターリン時代の旧ソ連の強制収容所には時計がなかったとし、《時間は囚人のかわりにお上(かみ)が承知しているから》だとしたうえで、日本の元号も《皇帝が時を支配する》とした中国の思想に倣ったものだとし、元海軍兵士の《時間の流れ、つまり日常生活のこまごましたところまで、われわれは天皇の支配下におかれたということになる》との日記を紹介している。全体主義国家の指導者や、専制君主を持ち出して元号にケチを付けているのか。

関連ニュース