記事詳細

新元号『令和』にさっそくイチャモン!? 石破氏「違和感ある」 朝日新聞「国民生活最優先とは言い難い」 (1/2ページ)

 新元号「令和」が1日発表され、日本列島は新時代への期待に包まれ、同盟国の米国からも祝意が伝えられた。初めて国書である万葉集から採用され、凛とした響きがある新元号に好意的意見が多いが、中には距離を置いたり、批判的な意見もある。自民党の石破茂元幹事長や、社民党の又市征治党首、左派メディアなどの発言・発信が目立っている。

 「日本国民が新しい『令和』の時代を迎えるのをお祝いする。ドナルド・トランプ大統領も、新元号のニュースに、深い理解と敬意を表すると確信している」

 ウィリアム・ハガティ駐日米国大使は1日、外務省で河野太郎外相から新元号決定の一報を聞き、こう感想を述べた。

 自民党の二階俊博幹事長も、党本部で記者団に「万葉集に由来する、すばらしい元号だ」と称賛した。国民民主党の玉木雄一郎代表も「漢籍に基づく伝統も維持しておりよく考えられている」とツイッターで評価した。

 ただ、日本には「言論の自由」があり、当然、批判的意見もある。

 安倍晋三政権と距離を置く石破氏は「令」の文字から連想したのか、「違和感がある。『令』の字の意味を国民が納得してもらえるよう説明する努力をすべきだ」と記者団代表の電話取材に語った。

 社民党の又市氏も「『令』は『命令』の令で、安倍政権の目指す国民への規律や統制の強化がにじみ出ている」と国会内で記者団に語った。

 自民党の石破氏と、社民党の又市氏は似たような感覚なのか。

関連ニュース