記事詳細

【ぴいぷる】“歴戦の猛将”が語る極東の安全保障 前米海兵隊第3海兵遠征軍司令官、ローレンス・D・ニコルソン氏 「世のため日米関係のため、尽くさねば」 (1/3ページ)

 ■ニコルソン氏のインタビュー詳細は『月刊正論5月号』に掲載

 トランプ米政権で「唯一の大人」といわれ、同盟国から絶大な信頼を得ていたジェームズ・マティス前国防長官(退役海兵隊大将)は、戦場で一度も負けたことがなかった。そのマティス氏が最も頼りにし、強い絆で結ばれていたのが海兵隊第3海兵遠征軍(沖縄海兵隊)の前司令官、ローレンス・D・ニコルソン退役中将である。

 将官には「スマートな政治将校タイプ」と、「訓練第一、戦場では猛将となるタイプ」がいるが、彼は後者だ。

 極東における海兵隊の配置は、北朝鮮と対峙(たいじ)する韓国には司令部要員がいるだけで、主力部隊は沖縄にいる。有事に真っ先に駆け付け、上陸作戦の指揮を執る立場のニコルソン氏は2015年9月から18年8月までの沖縄勤務の半分は韓国に出張し、連絡調整をしていた。

 ところが、昨年6月のシンガポールでの米朝首脳会談以来、米韓合同演習は相次いで中止か規模縮小となった。今年2月、ベトナムでの米朝首脳会談は決裂したが、流れは在韓米軍は撤退の方向、在日米軍もいずれは縮小かもしれない。

 これまで、米国の「核の傘」の下でノホホンとしてきた日本には、深刻な事態が進行している。合同演習の中止・縮小で、軍の練度は下がり、即応能力は減少する。

 「極東の安全保障は大丈夫なのか?」と、しつこく質問したが、ニコルソン氏は「心配は不要」「米韓合同演習『フォール・イーグル』など大きい演習は、マスコミ効果を狙ったショー的要素があり、実質は変わらない」と明言した。

 そうだと良いが…。

関連ニュース