記事詳細

塚田副大臣が辞任 忖度発言を謝罪「行政への信頼損ねた」 “親分”麻生氏も見放す (1/2ページ)

 塚田一郎国土交通副大臣は5日午前、石井啓一国交相に辞表を提出した。山口、福岡両県を結ぶ「下関北九州道路」事業をめぐり、安倍晋三首相や麻生太郎副総理兼財務相に「忖度(そんたく)した」と、利益誘導を疑われる発言をした責任を取った。事実上の更迭だ。与野党から批判が噴出していたうえ、統一地方選前半戦(7日投開票)への影響も出ていた。塚田氏は4日、所属する派閥の領袖(りょうしゅう)、麻生氏に辞意を伝えていた。

 「行政への信頼を損ね、国政の停滞を招いた」「事実と異なる発言をし、大変大きなご迷惑をお掛けした。誠に申し訳ありませんでした」

 塚田氏は辞表提出後、記者団にこう語った。

 当然というしかない。塚田氏が1日、福岡県知事選の応援演説で語った発言は、内容が事実なら「利益誘導の自白」であり、有権者にウソをついたのなら「政治家として失格」である。議員辞職に匹敵する。

 塚田氏の発言は、連日メディアで取り上げられ、統一地方選前半戦にも影響が出ていた。

 与野党激突の北海道知事選は、報道各社の世論調査で、前夕張市長の鈴木直道氏(38)=自民、公明推薦=が先行し、元衆院議員の石川知裕氏(45)=立憲民主、国民民主、共産、自由、社民推薦=が追う展開。塚田発言は自民党への逆風になっていた。

 岸田文雄政調会長は4日、北海道入りしたが、「塚田氏の発言は緊張感を欠き、軽率だった」などと釈明に追われた。

関連ニュース