記事詳細

【小池百合子 強く、そしてしなやかに】「3Y時代」の平成を教訓に… 令和で目指す「3S時代」 (1/2ページ)

 新たな元号が「令和」と公表され、光格天皇以来、約200年ぶりとなるご退位による皇位継承に向けた手続きが進んでいる。

 希望に満ちあふれた「令和時代」となるよう、首都・東京もその役割をしっかりと果たしていかなければなるまい。

 平成元(1989)年の前後、私はキャスターとして連日、昭和天皇のご病状をお伝えしつつ、東西冷戦の終結を示す世界各国のニュースや、天井知らずの日本経済について伝えた。

 3万8957円の史上最高値をつけたのは平成元年の大みそかだった。

 バブル経済絶好調で、世界制覇も目前と思われたが、平成の時代では次々に現れる新しい世界のプレーヤーにお株を奪われ、わが国は深刻なデフレ経済へ。

 先日、亡くなった経済企画庁長官を務められた堺屋太一さんに言わせると、平成は「3Y時代」だったそうだ。「欲ない、夢ない、勇気ない」と。

 平成時代は阪神・淡路大震災、東日本大震災など自然災害も相次ぎ、西日本豪雨などの異常気象が列島を襲った。

 「令和」はこれらの経験と教訓を生かし、日本が再浮揚していく時代になると信じる。防災など、課題への対応は日本が得意とするところだ。

 令和時代は「3S」で行きたい。東京にとっての最初のSは「ソフト」。「ハード」を生かす「ソフト=頭脳」なしには、世界の都市間競争には勝てない。

 東京の場合、2020東京五輪・パラリンピック後のベイエリアの開発には、交通網などのハードを戦略的に動かすソフトが不可欠だ。

関連ニュース