記事詳細

自民、前回上回る1158議席 41道府県議選 立民30超増、国民低迷

 統一地方選の41道府県議選は8日未明、2277の全議席が確定した。自民党が安定した戦いぶりで1158議席を獲得し、過半数に達した。改選前の1280議席には届かなかったが、前回2015年の獲得議席を上回った。旧民進党を源流とする立憲民主、国民民主両党では、立民が改選前議席から30以上伸ばした。国民は低迷し、改選前の142から大幅に減らした。公明党は目標通り全員当選を果たした。

 非改選の6都県を含め全都道府県議会に議席があった共産党は、愛知で議席を失った。改選前より減らした。大阪府議選では、政治団体「大阪維新の会」が50議席超で、最大勢力を維持した。

 自民党以外の内訳は、立憲民主党118(改選前議席87)、国民民主党83(同142)、公明党166(同168)、共産党99(同106)、日本維新の会(大阪維新の会含む)67(同54)社民党22(同47)、諸派28(同29)、無所属は536(同291)。総定数は前回から7減となった。