記事詳細

ポスト安倍に“令和おじさん”菅氏が急浮上! 「たたき上げ人生」に共感、外交でも存在感 (1/2ページ)

 「ポスト安倍」候補に、菅義偉官房長官(70)が急浮上した。安倍晋三政権の政治主導や危機管理を一手に担ってきた実績に加え、新元号「令和(れいわ)」の発表で、若者にも「七三分けヘアの『令和おじさん』」などと一躍時の人となり、国民世論からも待望論が強まっているのだ。5月には訪米し、マイク・ペンス副大統領とも会談する。外交で表舞台に立つのも、将来を見据えての動きといえそうだ。

 「『ポスト安倍』については全く考えていません」

 菅氏は8日の記者会見で「次期首相を目指すのか?」と問われ、こう謙遜してみせた。だが、国民はそう見ていない。

 産経新聞とFNNの合同世論調査(6、7日実施)で、「ポスト安倍」にふさわしい人物として5・8%を集め、小泉進次郎厚労部会長(25・9%)や、石破茂元幹事長(20・7%)、岸田文雄政調会長(8・4%)に次ぐ4番手になったのだ。

 秋田県から集団就職で上京し、働きながら法政大学を卒業。議員秘書や横浜市議を経て、国会議員となったたたき上げの生き方が、特に現役世代の男性から共感されているようだ。

 菅氏は、2012年12月の第2次安倍政権の発足後、官邸のスポークスマンとして黒子に徹する一方、霞が関の幹部人事を一元管理する「内閣人事局」を掌握し、あらゆる政策を「官邸主導」で実現させてきた。

関連ニュース