記事詳細

「令和」新紙幣で経済効果2兆円!? 肖像の3D画像が回転、ホログラムを世界初採用 (1/2ページ)

 令和の時代に紙幣も一新へ。麻生太郎財務相は9日の記者会見で、一万円、五千円、千円の紙幣(日本銀行券)を全面的に刷新すると発表した。一万円札の肖像画に日本の資本主義の父とされる渋沢栄一、五千円札に津田塾大の創始者で女性教育の先駆けとなった津田梅子、千円札に近代医学の発展に貢献した北里柴三郎を採用する。

 新紙幣は2024年度上期から発行する。紙幣の刷新は04年以来、20年ぶり。一万円札の肖像は1984年に聖徳太子から福沢諭吉になって以来の変更となる。刷新後も現在の紙幣は引き続いて使用できる。

 渋沢栄一はみずほ銀行の前身の一つである「第一国立銀行」や王子製紙などの設立に関わった。

 津田梅子は幼少期から米国に留学し、帰国後に津田塾大の前身「女子英学塾」を創設。女子の英語教育に貢献した。

 北里柴三郎は破傷風の治療法を確立したほか、ペスト菌の発見でも知られる。現在の慶応大医学部を創設し、日本医師会の初代会長にも就いた。

 裏面は一万円札に東京駅丸の内駅舎、五千円札に藤の花、千円札に葛飾北斎の富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」を採用する。五百円硬貨も素材などを変更し、21年度上期から発行する。

関連ニュース