記事詳細

F35A“墜落” 機体不良なら戦闘機調達に影響も 識者「後継機…再検討した方がいい」 (1/2ページ)

 岩屋毅防衛相は10日、青森県沖の太平洋上で訓練中に消息を絶った航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機「F35A」の尾翼の一部が周辺海域で見つかったと明らかにし、墜落したと断定した。操縦していた40代の男性3等空佐の行方は分かっておらず、自衛隊や海上保安庁が捜索している。政府は将来的にF35Aを計105機配備する予定で、機体に原因がある場合、戦闘機調達への影響が懸念される。

 岩屋防衛相は、墜落したF35Aが「訓練を中止する」と無線通信し、その後、消息を絶ったと明らかにした。操縦士が直前に何らかの異変を認識していた可能性があるとみて空自の航空事故調査委員会が原因を調べる。

 防衛省は自民党本部で開かれた党国防議員連盟の会合で、F35Aとして世界初の墜落事故と明らかにした。

 同機は9日午後7時ごろ、対戦闘機を想定した訓練のため、他3機と三沢基地を離陸。午後7時25分ごろ、基地の東約135キロの太平洋上でレーダーから機影が消え、無線での連絡も取れなくなった。

 F35Aは米ロッキード・マーチン社製で、米、英、伊など9カ国が共同開発した。敵のレーダーに映りにくい高いステルス性に加え、他の航空機や艦船と多くの情報を共有でき、高い機動力とミサイル探知能力を誇る。

 日本では、老朽化したF4戦闘機の後継機として2018年1月、三沢基地に初めて配備された。今年3月には12機、80人態勢で飛行隊が新設され、9日時点で13機が配備されていた。

関連ニュース