記事詳細

米韓首脳、金氏との対話継続に意欲

 トランプ米大統領は11日、ホワイトハウスで韓国の文在寅大統領と会談し「(北朝鮮の)金正恩朝鮮労働党委員長との対話の窓は常に開いている」と強調、対話継続に意欲を示した。文氏は近く南北首脳会談を開きたい意向を表明した。両大統領は朝鮮半島の平和プロセスでは「今後もトップダウン方式が不可欠だ」との認識で一致した。

 韓国大統領府が発表した。トランプ氏は会談で、米朝首脳会談を再び行う可能性があると明言。文氏は、実現すれば3度目となる次の米朝首脳会談が「非核化交渉の過程での新たな一里塚」となるよう、トランプ氏と緊密に協力すると表明した。

 文氏はトランプ氏の近い時期の訪韓を招請、トランプ氏は謝意を示した。トランプ氏は南北と米国による会談の可能性も否定しなかった。(共同)