記事詳細

【新・カジノ情報局】「シルク・ドゥ・ソレイユ」はラスベガスだけで6カ所公演 (1/2ページ)

★IRのエンタメ力が待ち切れない!(3)

 前衛的なサーカス「シルク・ドゥ・ソレイユ」のファンは多いのではないだろうか。ちょっと物悲しいけど、夢にあふれた“新サーカス”。日本にもツアーショー(移動公演)の形で、たくさんのパフォーマンス・チームが訪れている。『サルティンバンコ』に『アレグリア』、『キダム』に『キュリオス』…。2008年から約3年にわたって、東京ディズニーリゾート内の専用劇場で『ZED』が公演されたこともあった。

 「シルク・ドゥ・ソレイユ」は、1984年にカナダのケベック州で設立された。フランスの探検家、ジャック・カルティエのカナダ発見から450周年を祝う会場でのパフォーマンスに、大道芸人だったギー・ラリベルテが目を奪われたのが始まりだ。

 「これはCirque du Soleil(太陽のサーカス)だ。太陽は若さとエネルギー、そして力の象徴だろ」

 ラリベルテはこのエンターテインメント集団をまとめ、アメリカツアーをスタートさせた。90年代初めにパリ、ロンドンでの公演を成功させると93年、全世界に向けて大きく飛躍するチャンスが巡ってきた。ラスベガスのホテル「トレジャーアイランド」(現ti)がこの集団を招致することを決めたのである。

 『ミスティア』と名付けられた新演目は、ホテルの専用劇場でシルク初のレジデントショー(常設公演)として上演されることに。それまで見たこともなかった前衛的なサーカスに、多くの人が足を運ぶようになった。

関連ニュース