記事詳細

自民・萩生田氏、消費増税は「6月の景況感次第」「違う展開ある」

 自民党の萩生田光一幹事長代行は18日のインターネットテレビ番組「真相深入り!虎ノ門ニュース」に出演し、10月の消費税率引き上げに関し、6月の日銀の企業短期経済観測調査(短観)が示す景況感次第で延期もあり得るとの考えを示した。6月短観は7月1日に公表予定。

 萩生田氏は番組で「景気はちょっと落ちている。6月の日銀短観で、この先は危ないと見えてきたら、崖に向かってみんなを連れて行くわけにはいかない。違う展開はある」と述べた。

 景気について「万が一腰折れすれば、何のための増税なのか。与党としてよく見ながら対応したい」とも強調した。

 増税延期は「まだ間に合う」とした上で「その場合は国民の信を問うことになる」と明言した。衆参ダブル選の可能性については、6月末に大阪で開く20カ国・地域(G20)首脳会合を挙げて「日程的に難しいと思う」と語った。

 6月短観のほか、5月20日の1~3月期国内総生産(GDP)速報値など、今後発表される経済指標が、増税の判断を左右するとみられている。

関連ニュース