記事詳細

「金正恩は無意味なことを言っている」北朝鮮国民の不満、爆発寸前 (3/3ページ)

 北朝鮮国民は米朝首脳会談が成功し、少しでもマシな暮らしができることを望んでいたが、そんな期待は裏切られ、経済は悪くなる一方だ。そんな状況なのに、手垢のついた「自力更生」というスローガンを耳にタコができるほど聞かされ、一気に不満が噴出した形と言えよう。

 咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋も「(自力更生は)50年間に渡って使い古されてきた実現性のない言葉遊びに過ぎない」と吐き捨てた。

 「(1990年代後半の大飢饉の)『苦難の行軍』のころから自力更生で飢えてきたのに、これからどれくらいさらに苦難に耐えなければならないのか、市民は不安がっている」

 (参考記事:「街は生気を失い、人々はゾンビのように徘徊した」…北朝鮮「大量餓死」の記憶

 中には最高人民会議で新たな経済政策が示されるのではないかと期待する声も聞かれたが、実際の内容を伝え聞いた人々は、虚脱感に襲われているほどだという。

 北朝鮮の国内状況は厳しさが増す一方だ。各地の国営企業は軒並み稼働を中断し、生活に追われた従業員の出勤率は著しく低下している。生活の足しにしようと市場でモノを売るためだが、中小都市の市場は深刻な不況に襲われている。食糧が完全に底をついた「絶糧世帯」が、例年より2ヶ月ほど早く現れているとも伝えられている。

デイリーNKジャパン

関連ニュース