記事詳細

中国、ウィキペディア全言語遮断 天安門30年を前に

 オンライン百科事典「ウィキペディア」を運営するウィキメディア財団は17日、中国でウィキペディアへのアクセスが全面的に遮断されたことを明らかにした。ウィキペディアの中国語版は2015年から閲覧できなくなっていたが、他の全ての言語に遮断が拡大された。

 学生らの民主化運動を武力弾圧した天安門事件(1989年6月4日)から30年となるのを前に、中国政府はいっそう神経質にネット規制を進めているものとみられる。

 産経新聞中国総局は17日、ウィキペディアの英語版ページなどが閲覧できない状態であることを確認した。

 ウィキメディアによると、中国では2004年以降、ウィキペディアへのアクセスがたびたび遮断されており、今回の措置に関する事前の通告や説明はなかったという。中国当局は、グーグルやフェイスブックをはじめとする多くの海外サイトを閲覧できなくしている。(産経新聞)