記事詳細

安倍首相、拉致解決へ「国民が一致団結を」 日朝会談実現に意欲

 安倍晋三首相が、拉致被害者家族会主催の集会で、日本国民の結束を呼びかけた。国際社会の制裁で北朝鮮は追い詰められ、日本は好機を迎えている。一方で、被害者家族の高齢化は深刻さを増す。安倍首相は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との首脳会談の実現へ強い意欲を見せた。

 「日本国民が一致団結して、すべての拉致被害者の一日も早い帰国の実現への強い意志を示すことが大切だ。その声こそが国際社会を動かし、北朝鮮を動かすことにつながっていく」

 安倍首相は19日、集会に出席してこう述べた。

 2月の米朝首脳会談で、ドナルド・トランプ米大統領は正恩氏に対し、拉致問題を2回も提起した。米国が「核・ミサイル」問題に加え、拉致問題も重視していることを、北朝鮮は実感させられた。

 安倍首相は集会で、現在の状況を「条件を付けずに、金委員長と会って、率直に虚心坦懐(たんかい)に話をしたいと考えている」と説明し、「(被害者家族が)元気なときに自らの手で抱きしめることができる日がやってくるまで私の使命は終わらない」と決意を述べた。

関連ニュース