記事詳細

【山口那津男 本音でズバッと】米中貿易戦争激化! 日本経済への影響注視 米との連携再確認を (1/2ページ)

 このところ、米中貿易戦争は激化の一途をたどり、日本経済への影響を懸念する声も出始めた。

 米国は10日、中国からの輸入品2000億ドル(約22兆2000億円)分への追加関税を10%から25%に引き上げ、中国も13日、米国からの輸入品600億ドル(約6兆6000億円)分に対し、最大25%の関税引き上げを決めた。米国はさらなる追加関税も検討するという。

 ドナルド・トランプ米大統領は15日、米国企業に対し、安全保障上の脅威となる外国企業の通信機器の調達を禁止する大統領令に署名した。米国商務省も、米国企業が政府の許可なく中国の通信機器大手「華為技術(ファーウェイ)」への電子部品などの販売を禁止すると発表した。

 すかさず、中国の王毅外相は18日、マイク・ポンペオ国務長官との電話会談で「米国がさまざまな方法で、中国の利益を損ない、中国企業の経営に圧力を加えていることに断固反対する」と強く抗議した。

 両国の主張は、激しく衝突している。単なる貿易不均衡の是正のみならず、貿易政策や安全保障の問題とも絡む「覇権争い」との見方や、トランプ氏の再選戦略との見方もあり、長期化は避けられないとの見通しだ。

 貿易摩擦による中国経済の減速で、日本経済への影響も出始めた。内閣府が13日発表した3月の「景気動向指数」から見た国内景気の基調判断は、6年3カ月ぶりに「悪化」となった。生産や輸出など外需の低迷が背景にある。

関連ニュース