記事詳細

逮捕者すでに数百人…金正恩氏を不安にさせる「新興勢力」の正体 (1/3ページ)

 中国発祥の新興宗教「法輪功」は一時は人気を集めたが、中国政府は1999年、邪教であるとし活動を禁止、厳しい弾圧を行っている。その後も、豊富な資金と組織で中国以外の全世界で布教活動を行っており、最近になって北朝鮮の首都・平壌でも急激に広がりつつある。

 北朝鮮では実質的に、宗教活動は禁止されている。当局は最近になって公開処刑も再開しており、今後、どのような強硬手段に出るか心配だ。

 (参考記事:美女2人は「ある物」を盗み銃殺された…北朝鮮が公開処刑を再開

 米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)の平壌の情報筋によると、平壌市保安局(警視庁に相当)は、各地域の保安署(警察署)に「法輪功を信じていたり知っていたりする者は自主的に通報せよ」との布告文を張り出した。つまり、自首せよとのことだ。自首期間が定められており、終了後に摘発された場合には重罰に処すというものだ。

 ところが、この布告と取り締まりがが逆に法輪功に対する市民の興味を煽ってしまった。「法輪功は宗教であると同時に、体と精神の健康に有益な体操を含む瞑想修行の一種」(情報筋)という認識が広がり、アプローチしようとする人が増えてしまったのだ。

デイリーNKジャパン

関連ニュース