記事詳細

日米、正恩氏に「拉致解決」通告へ トランプ氏来日で厳戒態勢、27日には首脳会談&被害者家族との面会も (1/2ページ)

 安倍晋三首相は、25日から国賓として来日するドナルド・トランプ米大統領と、北朝鮮の「非核化」や「日本人拉致問題」について協議する。両首脳は、これらの問題が解決しない限り、北朝鮮への制裁解除や経済支援を行わない方針で一致しているとされる。11回目となる日米首脳会談では、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に対し、「拉致被害者を帰せ」という強いメッセージを発することとなりそうだ。

 「米国が拉致問題を非常に重視していることを、金正恩委員長も理解したと思う」

 安倍首相は19日、拉致被害者家族会主催の集会で、2月にベトナムで行われた米朝首脳会談の様子をこう述べた。

 日米両首脳の「拉致解決」への思いは、27日の日程に表れている。午前中に日米首脳会談を行い、午後にトランプ氏と拉致被害者家族の面会が行われた後、共同記者会見に臨むのだ。

 トランプ氏が、被害者家族から切実な思いを聞いた後、両首脳で記者会見という流れを考えると、正恩氏に拉致問題の解決を強く迫るメッセージが発せられる可能性が高い。

 そもそも、トランプ氏は2月の米朝首脳会談で、正恩氏に2回にわたって拉致問題の解決を強く迫っていた。これは人道的判断だけではない。

関連ニュース