記事詳細

【スクープ最前線】「韓国は2、3年で崩壊する!」韓国政財界人が米に泣きつくも… トランプ氏は文氏に激怒! 正恩氏はクーデターにおびえ 南北に近づく存亡の危機 (1/3ページ)

 安倍晋三首相は27日午前、令和時代初の国賓として来日しているドナルド・トランプ米大統領と首脳会談を行った。米中貿易戦争が激化するなか、世界経済のかじ取りについて語り合うとともに、北朝鮮の「非核化」や「日本人拉致問題」、軍事的緊張が高まるイラン情勢について協議し、日米同盟の強固さを内外にアピールした。隠れた議題として、国際ルールを無視した「反日」暴挙を繰り返し、日米両首脳の懸念材料となっている“韓国問題”も上りそうだ。南北朝鮮に近づく存亡の危機とは。ジャーナリストの加賀孝英氏が最新情報に迫った。

 安倍首相「(トランプ氏の来日について)令和の時代に入っても日米同盟の絆が強固であることを鮮明に内外に示すものとしたい」「北朝鮮問題をはじめ、国際社会が直面する課題や日米経済について突っ込んだ議論をしたい」

 トランプ氏「日米両国は最も緊密な関係だ。軍事、貿易、北朝鮮の3つについて協議したい」「(北朝鮮による)ロケット(ミサイル)実験、核実験はない。活動は非常に少ない。米朝間には敬意がある」

 日米両首脳は27日午前、東京・元赤坂の迎賓館での首脳会談冒頭、記者団にこう語った。メディアは先週末から、トランプ氏来日の話題で一色といえる。

 26日は「ゴルフ外交」や「大相撲夏場所千秋楽観戦」「炉端料理店での夕食会」などが続き、27日は公式行事がめじろ押しだ。

関連ニュース