記事詳細

安倍首相&トランプ大統領が海自護衛艦「かが」視察 日米の強固な絆を誇示 潮匡人氏「海洋覇権を狙う中国が最も気にする動きだ」 (1/2ページ)

 安倍晋三首相と、ドナルド・トランプ米大統領は28日、海上自衛隊横須賀基地(神奈川県)を訪れ、事実上の空母への改修が決まっている海自最大のヘリコプター搭載型護衛艦「かが」を視察した。隣接する米軍横須賀基地には、世界最大の強襲揚陸艦「ワスプ」も停泊しており、トランプ氏は同艦から米国民向けの演説を行った。軍事的拡大が顕在化する中国や、「非核化」や「日本人拉致問題」の解決が迫られる北朝鮮に対し日米同盟の強固な絆を誇示した。

 「日米首脳が、そろって激励するのは史上初だ。日米同盟はこれまでになく、強固だ。艦上にこうして並び立っているのが、その証しだ。強固な同盟は、日本と米国の隊員一人一人の努力に支えられている。諸君たちを誇りに思う」

 安倍首相は同日午前、「かが」で、約500人を前にこう訓示した。

 続いて、トランプ氏はまず、川崎市で同日朝に発生した殺傷事件の被害者に「日本国民とともに、被害者とその家族に哀悼の意をささげる」と語った。そのうえで、日本政府が、新鋭ステルス戦闘機F35を105機導入する方針を示したことを評価し、「日本はF35の最大保有国となった。素晴らしい装備で、私たちの国々を守ってくれ、広い地域の平和と安全に寄与する」と語った。

 トランプ氏はこの日、夫人同伴で米大統領専用ヘリ「マリーンワン」で、「かが」の甲板に着艦した。出迎えた安倍首相夫妻とともに、航空機用エレベーターで格納庫にまっすぐ降りる演出で、華々しく登場した。

関連ニュース